クロエベールは白髪が気になる人のために開発をされた、ヘアカラートリートメントです。白髪を天然色素で染めることができるので、髪の毛を痛めることなく自然な仕上がりになることが魅力です。

そんなクロエベールは、ヘアカラーだということが注目されがちですが、実は高いトリートメント効果を持っています。

 

クロエベールには髪をいたわる成分が配合

その理由は、クロエベールには髪をいたわる成分が配合されており、キューティクルを保護する効果を持っているからです。具体的に配合されている成分とは、ユズやサンザシ、ローズマリーといった天然植物エキス9種類が配合されています。

元々、自然由来の植物から抽出したエキスには、抗酸化作用があったり髪の毛をしっとりさせる湿潤性が高いものです。

これらの成分は髪と頭皮を優しく包み込んで、保護してくれます。さらにクロエベールには、ヘアキューブという浸透技術が採用されており、この技術により有効成分を毛髪の内部にまで届けることに成功しました。

キューティクルの間には、細胞膜複合体というものが存在していますが、そこに有効成分を浸透させることにより、髪に負担をかけずにそのものを元気にしていくことが期待できます。また自然由来の成分の他に、プラチナ粒子をアミノ酸でコーティングしたエテルナという成分が配合されています。

 

エテルナの効果は?

このエテルナには抗酸化パワーを発揮することができるので、キューティクルを保護して艶やかでありながらまとまった髪質を作り出すことができます。その他には、ヒアルロン酸の10倍の保水力を持つサクランも配合されています。ヘアカラーをすると髪の毛が傷んでしまうと思いがちですが、クロエベールは髪の毛を染めながら守るという2つの役割を同時に行うことができます。

そのためトリートメント効果も絶大で、クロエベールを使えば使うほど、髪の毛が滑らかいなって触り心地も良くなります。

自然由来の成分が配合されることにより、ヘアカラー特有のツンとした香りが刺激が抑えられているので、手軽に使用することができます。

クロエベールの詳細はこちら